家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

活動報告

家庭教育支援講演・座談会(大阪)の開催報告

 平成23年11月26日(土)13時〜16時半、大阪の八洲学園高等学校において、「思春期をどうすごすか」というテーマでセミナーが開催されました。

参加者: 一般15名 アドバイザー7名 先生5名 計28名の参加者がありました。

講演会の内容は下記の通りです。

 まず、和倉理事長より挨拶。その後講演会がありました。

講演1 中田雅敏先生 「どういう人生を送りたいですか」〜親子で進路を考える
講演2 木村孝子氏   「思春期のドロップアウト」
講演3 松本美佳氏   「思春期の『見守るケア』と『ふれあうケア』

 その後座談会として 平良先生進行のもと講師の先生たちと受講者との質疑応答がありました。

 <ここからは、私の雑感です。。。>

 中田先生の講演では、「青年期の特質」なるものがあげられました。今まさに、自分の子どもも真っ只中にいるな〜と感じました。例えば…自己主張が強くなり、他人からの忠告や親切も自分に対する干渉や束縛と考える…などです。
 会場にも同年代の方達が多く、みなさん頷いて聞いておられました。

 親が願っている子どもの姿と、子どもが願っている未来像とのすりあわせも、難しいですね。

 木村さんの講演では、ご自身の経験に基づき、不登校と向き合うヒントをたくさん話されました。 私が印象に残った事は、世間体をきにせず、腹を据えて子どもと関わることの大切さを感じました。

 松本さんの講演では、ご自身のこれまで培われた内容をわかりやすく話をされました。見守るケア、触れ合うケアのポイント 食のことなどを話されました。松本さんも 腹を据えていろんな活動をされていることがジンジンと伝わり、情報に惑わされず、自分らしく生きるという言葉が印象に残りました。

 参加者の皆様は、始め会場に入ってこられた時は、少し緊張されているような雰囲気でしたが、講演会&座談会が終わった後、皆さん『ありがとうございました』と素敵な笑顔をみせてくれたのが、とても印象的でした。そして大変熱心に聞き入っておられ、あっという間に3時間半がたったおように思います。質疑応答でも、活発な意見交換がなされ、盛況に終わりました。

 思春期の子どもを持つ親は、皆、迷ったり、困惑したりしながら、一生懸命対応をさがしているのだと感じました。

 本当に家庭教育は大切ですよね!

 これからも、もっともっと「家庭教育の大切さ」が伝わればいいなと感じました。

 先生やアドバイザーのみなさん、遠くから参加して頂き、本当にお疲れ様でした。皆様に会えて本当に元気を頂きましたし、私も頑張ろう!と勇気を頂きました。

 有り難うございました。

2011年12月5日
家庭教育アドバイザー
河野みゆき