家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

活動報告

家庭教育支援講演・座談会(横浜)が開催されました!

 さる2月4日(土)に、神奈川県教育委員会ファミリーコミュニケーション運動の一環として、〜「家庭」を幸せにする家庭教育支援・座談会2012〜の第2回目の家庭教育セミナーが、八洲学園大学にて、開催されました。

 前回1月28日「子育て・子供教育を考える」のテーマで行われたセミナー同様に、会場は講師の先生のお話に、熱心にうなずきながらメモをとる受講生の姿が見られました。

 今回のテーマは「家族の絆・家族愛を考える」。講師は、協会副理事長の嚴先生、同理事の松本先生で、それぞれ別の切り口でお話くださいました。

 嚴錫仁先生からは「現代家族のゆくえー伝統と現代的価値の間で揺れ動いている韓国家族」と題して、韓国の家族の現状とその課題について独自の観点からお話いただきました。急激な経済成長の陰で、さまざまな価値の葛藤が起きています。たとえば、韓国は儒教の国ともいわれますが、祖先を敬う伝統と一神教としての神を敬う教会が、現在のソウル市内では、混在しています。とはいえ、日本のお正月にあたる春節では、人口の三分の一が、帰省する伝統は今も変わりません。

 また、韓国の受験競争の激しさは、日本でも報道されましたが、その反面、礼節を学ぶ学校にも多くの子どもたちが通います。

 このように、「非同時的なものの同時的共存」と嚴先生はおっしゃっていましたが、その狭間で揺れ動いているのが韓国の家族模様のようでした。

 終了後、会場からは、韓国の家族法についての質問や、日本の皇室についての質問など、幅広い質問が飛び交っていました。二国は、近い国であるにもかかわらず、家族に対する考え方に違いのあることを知り、参加者たちも「えー」と驚いたり、うなずいたり、家族について見つめ直すよい契機となったようです。

 続いて松本美佳先生は、「心と体を癒す家庭と家族のケア」と題してお話くださいました。家庭は、休息の場であり、エネルギーを蓄える場である。そして、家族は自分をありのまま受け入れてくれる場である。だから、そういった場を大事にすることは、すなわち日々の生活を丁寧に過ごすことであり、それがケアであるというお話でした。

 家庭生活で行うケアのポイントは「ふれあう」ことにあるようです。そのとき、相手に呼吸を合わせ、心を伝えることが大事。ということで、実際二人一組になって、背中をなでて、心が伝わることを体験しました。
 

 最後に童謡「ちょうちょ」を歌いながら、相手の背中を撫でたり、押したりして、心地よい時間を過ごすことができました。

 みなさん、穏やかなとてもよい表情で、お話を聞き終えていました。

 会場中、ラベンダーやローズウッドなどのアロマのいい香りに包まれ、ダイレクトに触れなくても香りに触れることもケアされることだと実感しました。


 座談会では、コーディネーターの平良直先生が、それぞれの講師の先生のお話についてまとめてくださったあと、会場からの活発な質問の橋渡しをしてくださいました。

 立春の日の今日、会場内も家族の春を感じさせるような、穏やかな中にもみなさまの熱意の感じられる講座となりました。

 先生方、ご参加くださいました皆様方、お疲れさまでした。

 本日、いらっしゃれなかったみなさまも、次回はぜひおいでてください。きっと何か得るものがあると思います。

 それでは、寒い日が続きますが、どなた様もお風邪などひかれませんよう、ご自愛ください。

 報告は、理事、二川早苗でした。


家庭教育支援協会・座談会(横浜)が開催されました!

 さる平成24年1月28日(土)と2月4日(土)に、八洲学園大学に於いて、神奈川県教育員会ファミリー・コミュニケーション運動の一環として『「家庭」をしあわせにする家庭教育支援・座談会 ーみんなで話し合おう、家庭の問題・家庭教育ー 講座が、今年も開催されました。


1月28日(土)
講演1 講師:平林直人先生 「父から子供に伝えること」
講演2 講師:八木由紀先生 「コミュニケーションは取れていますか?−子どものSOSに気付かない親たち−」
座談会 コーディネーター:和田みゆき先生

2月4日(土)
講演1 講師:嚴錫仁先生  「現代家族のゆくえ−伝統と現代的価値の間で揺れ動いている韓国家族」
講演2 講師:松本美佳先生 「心と体を癒す家庭と家族のケア」
座談会 コーディネーター:平良直先生


 まずは、1月28日の講演のご報告です。

 講演1の講師:平林直人先生は「父から子供に伝えること」と題し、父親と母親の役割の違いをご自身の経験を交えながらお話をされ、母親は子どもとの距離が近く、関係的には「恋愛関係」であるのに対し、父親は子どもとの距離が遠く、関係的には「友達関係」であるとの考えを述べられました。

 また父性という観点から、主に父親は「社会に出る準備」を子どもに伝える役割があるが、昔はその家それぞれに「家訓」というものがあり、その家の習いに従って父親は子どもに社会に出てゆく準備をしたが、現代は核家族化が進み「家訓」というものが忘れられつつあり、親の考えが子どもに伝えにくいことに着目されました。ご説明の中で、平林先生から「自分の祖父母の名前が言えますか?」という質問があり、私自身父方の祖父の名前が言えない自分に気付かされました。このように、もしかすると数年後自分の孫が自分の名前を知らないという事も有りうるという指摘に、会場からは動揺した声が聞こえてきました。

 まずはそれぞれの家庭で「家訓」を考えてみませんか?そういった提案に、我が家でも早速「家訓づくり」に取り掛かっているところです。


 講演2は、八木由紀先生による「コミュニケーションは取れていますか?−子どものSOSに気付かない親たち−」でした。

 八木先生は、静岡県内の中学校で教育相談をする中で出てくる、「親から挙がってくる悩みのBEST5」を紹介し、そこから見えてくる親子のコミュニケーション不足を指摘されました。親に必要な「力」とは?子どもに必要な「力」とは?心理学的見地からのお話も交え分かりやすくそれぞれに必要な「力」についてのお話をされました。また親に必要な「聴く力」については実際にペアになってロールプレーも交えながらの説明に、会場から頷きの声も挙がっていました。

 八木先生から「今日からできるブリーフコミュニケーション」ということでご提案いただいた「き」(聴く)「ま」(待つ)「つ」(伝える)「て」(丁寧に)「す」(すぐに)「と」(とことん)は、覚えやすくいつも心に留めて実行できそうです。


 座談会では、和田みゆきコーディネータを中心に、講演されたお二人に対する意見交換や質問がされました。
 その1つに「現在9歳のお嬢さんが今後思春期を迎える時、父親としてはどのようにコミュニケーションを保てばよいのか、そのコツなどを教えて欲しい」という質問がありました。八木先生のご家庭では、お父様がご帰宅された際、必ずハイタッチをして思春期のお嬢様とコミュニケーションを取っていらしたというご経験談をご披露下さり「父親とのコミュニケーションは、工夫次第である」というアドバイスがありました。

 以上が第一日目の講演の様子と報告です。
 報告者は、事務局長の坂本由紀子でした。
 
 


家庭教育支援講演・座談会(大阪)の開催報告

 平成23年11月26日(土)13時〜16時半、大阪の八洲学園高等学校において、「思春期をどうすごすか」というテーマでセミナーが開催されました。

参加者: 一般15名 アドバイザー7名 先生5名 計28名の参加者がありました。

講演会の内容は下記の通りです。

 まず、和倉理事長より挨拶。その後講演会がありました。

講演1 中田雅敏先生 「どういう人生を送りたいですか」〜親子で進路を考える
講演2 木村孝子氏   「思春期のドロップアウト」
講演3 松本美佳氏   「思春期の『見守るケア』と『ふれあうケア』

 その後座談会として 平良先生進行のもと講師の先生たちと受講者との質疑応答がありました。

 <ここからは、私の雑感です。。。>

 中田先生の講演では、「青年期の特質」なるものがあげられました。今まさに、自分の子どもも真っ只中にいるな〜と感じました。例えば…自己主張が強くなり、他人からの忠告や親切も自分に対する干渉や束縛と考える…などです。
 会場にも同年代の方達が多く、みなさん頷いて聞いておられました。

 親が願っている子どもの姿と、子どもが願っている未来像とのすりあわせも、難しいですね。

 木村さんの講演では、ご自身の経験に基づき、不登校と向き合うヒントをたくさん話されました。 私が印象に残った事は、世間体をきにせず、腹を据えて子どもと関わることの大切さを感じました。

 松本さんの講演では、ご自身のこれまで培われた内容をわかりやすく話をされました。見守るケア、触れ合うケアのポイント 食のことなどを話されました。松本さんも 腹を据えていろんな活動をされていることがジンジンと伝わり、情報に惑わされず、自分らしく生きるという言葉が印象に残りました。

 参加者の皆様は、始め会場に入ってこられた時は、少し緊張されているような雰囲気でしたが、講演会&座談会が終わった後、皆さん『ありがとうございました』と素敵な笑顔をみせてくれたのが、とても印象的でした。そして大変熱心に聞き入っておられ、あっという間に3時間半がたったおように思います。質疑応答でも、活発な意見交換がなされ、盛況に終わりました。

 思春期の子どもを持つ親は、皆、迷ったり、困惑したりしながら、一生懸命対応をさがしているのだと感じました。

 本当に家庭教育は大切ですよね!

 これからも、もっともっと「家庭教育の大切さ」が伝わればいいなと感じました。

 先生やアドバイザーのみなさん、遠くから参加して頂き、本当にお疲れ様でした。皆様に会えて本当に元気を頂きましたし、私も頑張ろう!と勇気を頂きました。

 有り難うございました。

2011年12月5日
家庭教育アドバイザー
河野みゆき


第8回「家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス」

第8回「家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス」が開催されました。

7月21日(木)10:30〜12:00
「受験期における 子どものメンタルケア」
和田みゆき (家庭教育アドバイザー)

家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス

受験期をとりまく社会背景のお話があり、現代における社会や家庭での受験に対する意識や社会取り巻く状況などのお話があったあと、データーを使いながら、小・中・高の受験の動向とその時期の受験の親の意識の話がありました。
何故、受験なのか? 受験の時に陥る親の様子と子どもの気持ちを紹介しながら受験期にしたい親から子へのサポートの提案が紹介されました。

実際の体験を基にしたお話しと、現在塾等で受験期の親をサポートされている和田さんのお話は、受験期の子を持つ親に一度聞いていただき、子も親も気持ち良く目標や夢に向かって頂きたいと思った講座でした。

第7回「家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス」

第7回「家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス」が開催されました。

 7月14日(木)10:30〜12:00
「放課後の子ども支援活動の実態と展望」
丸山美輪子 (家庭教育アドバイザー・食育アドバイザー)

家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス

家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス

放課後支援が必要とされる社会背景などの提示に始まり、国の放課後支援制度の紹介、地域ごとに行われている特色ある活動内容まで、横浜市と丸山さんが勤務される武蔵野市の事例をあげてご説明くださいました。

パワーポイントを利用しての説明だけでなく、活動内容を写した写真や子ども達が制作した制作物を回して見せて下さったことも大変良かったです。
また最後の30分で体験させていただいたマンカラゲームは、予想以上に盛り上がり受講者の皆様に笑顔が溢れていました。